歯のあれこれ

人間の歯は2回生えるのはご存知ですよね。

乳歯に永久歯の2回です。

生後8ヶ月~9ヶ月までは歯が全く生えておらず、それ以降に乳歯が生えてきます。

乳歯は永久歯と入れ替わる歯のために、脱落歯と呼ばれる事もあるみたいですね。

乳歯は子供のはとされています。

上下顎に10本ずつ生えており、合計で20本の歯が生えています。

乳歯は下の歯から生えてきて、全てが生え揃うのは3歳頃と言われています。

個人的に差もあります。

先天的に歯がない人も存在します。

気になる人は迷わず歯医者さんに相談してみてください。

乳歯は永久歯と比べても歯を構成しているエナメル質と象牙質が薄くて柔らかく出来ています。

全体的には歯が小さく、永久歯よりも虫歯になる可能性が高いとされています。

乳歯の間は親が子供の歯磨きの管理をしてあげるのが良いと思います。

自分で磨いた後に、もう一度磨いてあげるのが虫歯予防にもつながります。

そして歯が永久歯に変わった人。

永久歯の特徴は「抜ければ終わり」

虫歯になってしまうと元には戻りません。

削ったり、詰めたり、抜いたりして処置を施します。

今は入れ歯や差し歯の他にインプラント治療もあります。

乳歯の場合には次に永久歯が生えてきますので、あまり心配することはないのですが、永久歯は抜けたら終わりです。

永久歯の中でも生えない人もいる親知らずと違い、その他の歯は生きるために重要な役割を果たしています。

歯が1本なくなるだけでかなり不便さを感じるはずです。

噛み合せも悪くなり、今巷で増加している顎関節症の原因にもなります。

歳を重ねて老化のために歯が無くなってしまうのは仕方が無い事なのですが、その他の理由で歯がなくなってしまうのは絶対に避けたいですよね。

永久歯が生えてくるのは一般的に6歳頃が多いと言われています。

永久歯の数は、親知らずを含めると合計で32本存在します。

乳歯の20本と比べても12本も多いのですね。

そんな私たちの歯は、何層にもなって構成されています。

歯の一番外側の部分をエナメル質と呼びます。

エナメル質は人間の身体の中で一番固いものです。

エナメル質の内側にあるのが象牙質。

象牙質は歯の中で一番大きな部分で、歯の幹に当たるらしいですね。

歯肉の中に入ってるのがセメント質。

そして歯の構造の中で、一番奥にあるものが、歯髄と呼ばれる神経や血管が通っている部分です。

歯はエナメル質→象牙質→歯髄で構成されており

歯茎は歯肉→歯槽骨→セメント質→神経→血管で出来ています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>